格安SIMの違いを知って自分の環境にあったSIMのプランを選ぶ

 

格安SIMには3つの種類がある

 

種類を把握すれば選ぶべきものが見える

 

多くの通信事業者が、それぞれに複数のSIMを取り扱うため、店頭の格安SIMコーナーはもはや何を選べばいいのかわからない状態に。でも冷静にみつめると、ある共通点に気付く。というのも、サービスの基となっているのは、ドコモやauといった大手通信業者。

 

格安SIMは大手が用意しているサービスインフラを利用するので、その内容はおのずと似てくるというわけだ。

 

スマホで利用することを前提に考えると、まずパケット通信ができることが大前提。イオンなどで音声回線通話のみのサービスも扱っているのだが、そうしたものを除けば大きく3つにに大別できる。

 

まずは、データ通信のみができるというもの。月額1000円以下から使えるため、ガラケーとスマホを併用する場合におすすめ。つぎに、音声回線通話もできるタイプ。

 

受話可能な電話番号が付加されるので、大手キャリアが提供するスマホとほとんど変わらないスタイルで利用できる。最後に、IP電話やWi-Fiといった格安SIM提供事業者が独自に付加したサービスが利用できるものだ。

 

通信のみできるタイプ

 

もっとも安価に利用できる

 

データ通信のみできるという、一番シンプルな部類となる。ほとんどがLTEに対応しているが、転送量が決まっていたり、一ヶ月あたりとなっていたりと、内容や料金体系は各社ごとに異なる。

 

タブレットの利用や、スマホを通信のみで使うといった場合は、音声サービスがないぶん月額料金が安いこのタイプを選ぶ。

 

パケット制限に気をつけて選ぶ

 

格安SIMの場合、通信制限までの容量の上限は、大手キャリアに比べて少なめ。また、その内容についても異なるため、購入や契約時にチェックしておくこと。

 

選択の目安としては、株価やニュースチェックなど毎日の情報収集に使うという場合は一日ごとの上限があるものを。

 

地図を見たり、添付ファイルのあるビジネスメールをやりとりするなど変動があるときは1ヶ月ごとに設定されているものを選ぶといい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です