【格安スマホ】サービスによっては目的のサイズがないことも

 

格安SIMは、サービスや提供する事業者ごとに用意されているカードサイズが異なっている。たとえば、イオンSIMの『スマホ電話SIMフリーDataプラン』では標準サイズ、マイクロ、ナノの3種類のサイズが用意されている。

 

これに対して、「携帯電話SIMプラン」では標準とマイクロのみ。iPhoneをイオンSIMで利用する際、ネットはWi-Fiのみだが通話はしたいという場合には、該当のサイズがない。

 

購入後、ナノSIMへの交換も不可。そのため、まずは自分の利用するプランに目的のサイズがあるかを確認しておく。

 

複数の端末で使うならアダプターが便利

 

端末のSIMスロットと、購入したSIMカードのサイズが異なるときは、”SIMアダプター”を使う。アダプターは、小さいSIMと組み合わせて使うことで、サイズアップできる。

 

じつは、SIMカードは3種類のサイズとも、利用する金属端子の位置がほぼ同じになっている。ナノSIMでは、通常SIMの金属端子部分よりも小さいサイズだが、外側の部分は実際には利用されていない。そのため、事業者が提供するSIM交換サービスを利用せずとも、スロットの形状に合わせるだけでいい。

 

SIMアダプターは、ナノSIMをマイクロSIMや通常SIMサイズにするものと、マイクロSIMであれば、すべてのスロット形状に対応できるというわけだ。

 

SIMアダプターは、家電量販店の格安SIM売り場などで、1000円以下で購入可能。便利だが自己責任で動作保証はない。失敗するとスマホ内部からSIMを取り出せなくなり、有償修理となることも。自信がなければSIM交換サービスを使うのが得策。

 

トレイ型ならピンも用意する

トレイ型のスロットは、取り出しに専用のピンが必要。アダプター同梱品はiPhone用となっている。ネクサス5は穴の径が小さく使えないので、端末同梱のピンを使う。

 

SIMをカットしても大丈夫?

大きなSIMえを小さくするカッターが売られているが、利用しないこと。SIMカードはMVNO元の大手キャリアからの貸し出し品。契約終了時に返却する必要がある。

 

SIMアダプターはスロットの破損に注意!空のアダプターは絶対に挿さないこと

 

SIMアダプターを使うとき、装着時にSIMカードとのズレが生じてしまうと、スマホ内の端子に引っかかったり、SIMカードが抜けなくなったりすることがある。そうしたトラブルを防ぐには、SIMアダプターとSIMカードをぴったりとあわせたうえで、裏側から粘着テープなどで固定しておこう。

 

複数の端末をもっていて、利用していない機器に空のアダプターを挿しておくと、いざというときに便利に思えるが、絶対にやってはいけない。海外の端末の場合は修理の依頼も大変だ。そのため、空のアダプターは別の場所に保管しておくのがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です