【格安スマホ】LINEの無料通話はできる?通信量はかかるの?

通話量を抑える上で必要なのがLINEの無料通話だ。

SIMフリースマホ次第ではデータ通信プランのみ用意している業者もたくさんある。

一方通話プランをつけている際であった場合でも少しでも通話料金を節約したい。そのケースでは、みなさんご存知のように無料通話アプリを使用するという意識が必要だ。 無料通話アプリで誰もが活用しているのがLINEアプリ。トーク、LINE無料電話、ビデオ通話を活用する上でパケット通信がかかってきます。

 

 

誰もが不安であるLINE電話、ビデオ通話が2GBのパケット通信プランの場合どれくらいまで使うことができるのかまとめました。LINEの音声通話のデータ通信量 通話時間 通信量 1分あたり 0.30MB 1時間あたり 18.00MB 上記の様な通信量となっていて、2GBのデータ通信量があれば、「111.1時間」も毎月音声通話が可能になります。 日割りにして予測すると、1日のうちで平均「3時間42分」も音声通話が可能となっています。

 

 

LINEのビデオ通話のデータ通信量 通話時間 通信料 1分あたり 5.13MB 1時間あたり 307.80MB こちらは上記の様な通信量となっており、2GBのデータ通信量があれば、「6.5時間」1ヶ月にビデオ通話が可能だと考えます。 日割りにして予測すると、1日の内で平均「13分」ビデオ通話が可能でしょう。

 

 

音声通話と比較してるとかなり限られる実績となってしまった。ビデオと言われるものは動画と同様、やはりかなりビッグな通信量を使うようです。しかし、日頃からビデオ通話を良く使うという方はほとんどいないのでこちらはあまり気にしなくて良いかもしれません。 楽天モバイルの格安SIMならデータ通信量が3.1GBのプランで1ヶ月に1000円ちょっとで契約できますのでかなりオススメだと思います。

 

 

上記と比較してLINEに限った利用としても、音声通話は十分すぎるくらい使うことができます。 ビデオ通話の場合でも13分と一見、短いような気もしますが、WiFi環境が無い場所でそこまでビデオ通話をするの可能性も低い為にこちらも十分使うことができる領域内だと言えます。 しかしながらSIMを契約している業者次第では一定の日数で決まっている通信規制があるため、しっかり契約前にチェックしてみておくことが不可欠です。

 

 

もしも通信規制がかかってしまうと高速データ通信が利用できず、速度が低速化するのです。 けれども低速化してもLINEの音声通話くらいであるなら十分使うことができるといった報告も見られますが、ウェブサイトのブラウジングやyoutubeの視聴などに結果が出てきますので一定の日数で通信規制がない業者を選ぶことをお勧めしています。

    • ランキング1位 楽天モバイル

      あのシェアNO1のところより断然お得でつながる楽天モバイル!なぜならとにかく安く、ドコモの通信エリアを使えて、月々のお支払でスーパーポイントが貯まります。しかもご契約中、楽天市場でのポイントがずーっと2倍でお得!同じ条件なら、ポイントがついた方がいいですよね。

    • ランキング2位DMM mobile

      コストパフォーマンスに優れたDMMのMVNO通信業者。低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強み。使い方に合わせて選べる豊富なプランで、選べる容量は20GBまで自由自在!ドコモ回線を使用しているので繋がる安心!SIMフリーを選ぶなら、”断然”おトクな【DMM mobile】

 

通信規制のないDMMモバイル



日数で通信規制のない業者の一例としては、DMMmobile、BB.exciteモバイルLTE、BICSIM、OCNモバイルONEなどがあげられます。 通信制限がかかっている状態だとしてもLINEの無料通話はすることが可能なのか? こちらにおいて可能だと考えます。

 

無料通話、チャット共に心配をせずに使うことができると考えます。 チャット機能 筆者も通信制限がかかっている時にLINEを使用していました。 通信制限がかかっていてもチャットでのやりとり、スタンプ、絵文字等も安心して、いつもの様に活用することができますし、 遅れたりする事もないです。 無料音声通話 こちらも筆者は心配をせずに使えていました。音質も常に綺麗でしたし、声が遅れて聞こえるなどのような 事はないと言えます。

 

 

思っている以上に問題ないおっしゃっていますが、しかしながら、一部では「データ通信速度が遅くなる ことから電話の場合、相手へ喋った言葉などが相手へ届くまでほんの少しなんですが遅くなる」と言われている声もあると聞きます。

 

 

本来はLINEはあまり通信量を消費しません。上記にもあるのですが、音声通話であれば1分あたり0.30MBだと思います。チャットは恐らく一段と限られるでしょう。と言う理由で、仮に通信制限がかかっていても心配なくチャットや無料通話が可能だと考えても良さそうです。

SIMフリーとMNP ~音声通話プランとLINE通話に関して~ 音声通話とLINE通話 通常のキャリア契約には音声通話が想定されます。

 

 

じつはSIMフリースマホへも090や080の番号をMNPで移動させることが可能になります。 しかし、通話料金はdocomoといった通信ネットワークを使っている業者が大部分な為に、従来と同様に音声通話をすると30秒いくら形式で基本料金とは別に音声通話料金がかかります。 SIM フリースマホの音声通話プランで言うと通常の番号をそのまま移動できたり,110番、119番といった緊急電話をかけることが可能な強みがあります。

 

 

けれども しそのメリットがポイントではなく、なにより料金を節約したいと考える方であればこれまでご紹介てきたLINE通話とLINE電話等を参考にSIMプランのみの契約 にしてもいいかもしれないですね。なぜならば何度も何度も復唱になりますが、LINE音声は2GBで「111.1時間」の通話が実現できるからです。 多くの場合、活用する人は2~3GBなどで充分と考えられます。

 

 

近年では登場しているSIMフリースマホにはさまざまな計画の見られるため、本人のどれくらい通信量を利用するかや音声通話が大切かによってもプランを選ぶことができる時代となったことは私たち使用する人にとっては大切なこと考えられます。 ここまでSIMフリースマホとLINEの使用方法に関してご紹介してきましたが、SIMフリースマホを利用する有益性を思っていただけたと思われます。

 

楽天モバイル・DMMモバイルがおすすめ!



私 もD社などでiPhoneを使用していたのですが、基本料金+カケホーダイ、パケットパック+端末分割金を含めると10000円前後ひと月に料金の支払をしていまし た。端末分割金を除いても平均で6000円くらい皆さん携帯電話に支払っていると聞きました。そんな中格安SIMスマホとLINE無料通話やLINE電話を うまく使用することにより料金が3/1まで節約可能な状況もあります。

 

 

想像以上に賢く携帯電話を使える会社が続々登場してくれているので、現在契約され 最後に私がイチオシの格安SIM業者を2社案内ます。 プランも間違いのないように準備いわれることから、自分らしい利用用途に応じた理想的なプランが見つかるでしょう。

 

 

DMMモバイル ⇒公式サイトはこちら シングルコース 1.データSIMプラン 1GB 660円 2GB 770円 3GB 850円 2.通話SIMプラン 1GB 1260円 2GB 1470円 3GB 1550円 5GB、7GB、8GB、10GBプランや複数SIMを使ったシェアプランもあります。 通信速度も高速通信をオンオフに切り替えが可能で通信量の節約も可能 高速通信ON時 下り最大150Mbps、上り50最大Mbps 高速通信OFF時 200kbps 上記はSIMカードのみの金額ですが、端末+SIMカードの販売もありますので詳細はHPで比較願います。

 

 

楽天モバイル ⇒公式サイトはこちら SIMカードのみの場合 1.ベーシック(高速通信容量がない代わり、通信速度が200kbps) SMSなし525円 SMSなし645円 通話SIM1260円 通信速度 200kbps 2.3.1GBパック SMSなし900円 SMSあり1020円 通話SIM1600円 通信速度 下り最大150Mbps、上り50最大Mbps その他5GBパックや10GBパックもあります。

 

 

上記はSIMカードのみの金額となっていますが、端末+SIMカードの販売も用意していますので詳細はホームページで確認願います。 月々の支払額100円につき楽天ポイント1ポイントが貯まるのがメリット. 楽天ポイントと連動したサービスも何度も打ち出発表されています。

 

楽天でんわ

格安通話アプリ「楽天でんわ」もあるという理由で、全体で利用しやすい。 平均の通信量から見るみなさんに合ったデータ通信量 データ通信量 LINEだけ見ても2GBで十分使えると言ってもやはり不安です。

 

 

これまで既存の実績のパケホーダイプランに入っている方だと尚更。 そのためここでは平均していくらくらいのデータ通信量を皆が使用している現状なのかを調べてみました。 スマートフォンのデータ通信量と月額料金に関しての比較検討 調査のメリット (3)月間のデータ通信量は70.4%の方が1GB未満だけしか使っていない。 月間の利用パケット量は、「1GB未満」で70.7%の人を、「2GB未満」で83.4%の人を、「3GB未満」で90.6%の人をカバーしている。

 

 

また、7GBを上回る使用者は1.3%。 上記の調査からお分かりいただけると思いますが2GBで83.4%をカバーしている比較検討集計が判断できます。 WEBサイトの普及で住まいの無線のWiFiが備え付けられていらっしゃるいる世帯が沢山いるのも現実で、スマホを活用する用途の多くの場合が自宅で使用するというチェックデータも出ています。

 

一口に言うと自宅に無線WiFiがある使用者はSIM本来の通信量を自宅で使うというのが無いという理由で、比較的通信量を活用していないと考えることが分かります。

 

 

また外出先でもフリーのWiFiスポットも多くなっては存在するので今後、海外ののと一緒で国内でも外出先についてWiFiが使える環境作りが加速してくると予想できます。 自宅にWiFi環境がつなげられない、外出先や自宅でパケット通信を気にせず使ってみたいユーザーは心配事が残りますよね。つまりキャリアで5GBや7GBの契約をされている方にもSIMフリースマホがオススメできます。

 

 

例えば料金例で言うとBIGLOBE LTE・3Gプラン「ライトSプラン」の容量が6GBで月額1625円、楽天モバイルの5GBパックで1450円です。現行のキャリアと比較してもいかに格安かがわかると思います。そのため、現行のキャリアに高い料金を支払った上でスマホを使用していて料金を節約したいと考える方にはLINE無料通話を用いたSIMフリースマホがお勧めです。特にご家族で複数台スマホを契約されている世帯にはメリットがおっきいと考えられます。

 

格安スマホのWi-Fi活用



お父さんは会社の専用携帯を持たされていることが多く、個人携帯を使うのは通勤時と自宅が中心。またお母さんも日中自宅にいらっしゃる方だと自宅のWiFiの利用が主ですし、学生のお子様は学校に本来は携帯電話を持ち込むことが行うことができない状況が珍しくなく塾の行き帰りと自宅、休日に限られた利用になるかと考えます。以下に平均の通信量を記載します。

 

 

女子大生 ・Line通話 月1.5G ・755,twitter 月0.5G ・ネットサーフィン 月0.7G(1日2時間利用) ・インスタグラム 月0.5G(写真20枚分) 主婦 ・Line通話 月1G ・Facebook 月0.5G ・ネットサーフィン 月1G(1日2.5時間利用) 会社員 ・Line通話 月1G ・Facebook 月0.5G ・ネットサーフィン 月0.5G(1日1時間利用) ・YouTube 月1G 3GBの通信料できっちりとおさまります。その為、格安SIMフリーに乗り換えられた場合、大きく携帯電話の料金が節約できて家計に大助かりになります。

 

 

 

YouTube等の動画閲覧はどのくらいデータ通信量がかかる? youtube視聴 ここに関することまでまではLINE無料通話から通信量がいくらくらいかかるかの話でした。 ここからは主要なアプリを使用した場合、どれだけの通信量がかかるのかを目安としてまとめました。 まずはYouTubeで動画を見た場合の通信量の目安です。 注意をしなければならない点が最初に考えられます。 手始めに動画自体の画質設定が総合の動画で同じだけとは限りません。

 

 

例えば音楽や映画のプロモーションビデオと、性能が劣るデバイスで撮った映像の動画が同じというわけではないことは認識できると思われます。動画にもフォーマットというものがあり、そのフォーマットによって通信量が異なってきます。 マドンナのLIVE動画は1分で開く17.4MB 月1GBをYoutubeに回しても、観れる動画の長さは57.5分しかないことだと考えます。

 

 

ひと月を30日と考えると、1日に観れるYouTubeは約2分。 HIKAKIN TVの動画は1分で7.1M またYouTubeで視聴する際に利用者が選べる画質によっても際によっては数分の視聴で通信制限がかかってしまうので注意をしておきましょう。

 

 

 

私が友人から相談されることが多いのが、この動画を見た後の通信制限です。「いつの間にか非常に速度が遅い」と依頼を受けて、「動画を長時間見たことはあるか?」と質問したところ、YouTubeで動画を見ていたと返答がきます。通信量が一番大きいことが動画の視聴ですので、極力自宅のWiFiを使うようにしておきましょう。 ちなみに以下は動画でかかるパケット通信量を手配して節約することが記載されたインターネットサイトです。

 

 

 

YouTubeを視聴する時の通信量節約方法として視聴する場所を変えるアレンジができます。 あくまでiOSを使用されている方のみの対象と考えられていますが、Safariからyoutubeのサイトに入って視聴したほうがデフォルトで画質の自動調節の機能がオンになっているため、AppStoreでダウンロードするYouTubeアプリより大幅に通信量が抑えられるというプロセスが認識しております。 以上のという理由で、前項で述べたLINEの通話通信量と動画の通信量の大きさがが比較検討できたと考えます。

 

 

Twitter、Facebook等のSNSの同期、更新でかかるデータ通信量 SNS更新通信料 以前に、利用されていたスマホと同様にSNSも活用したいですよね。当然ですがここでも、かかってくるデータ通信量が気になっていると考えます。お子様からお父さん、お母さんまで使っているであろうSNSで代表的なTwitterやFacebookでどの程度通信量が使われるのかをまとめました。

 

 

Twitterのデータ通信量 同期 0.1Mバイト タイムラインのツイートを1ヶ月分確認(83ツイート) 0.81Mバイト Twitterのウェジットでツイートを確認(19ツイート) 0.08Mバイト ツイートを投稿(1ツイート)0.63Mバイト Facebookのデータ通信量 Facebookを同期 0.05Mバイト Facebookのニュースフィードを22本確認 1.43Mバイト Facebook写真付き状況を投稿 0.14Mバイト TwitterやFacebookに同一になって言い切れることは同期や投稿はそこまでパケット通信を使用しないという事なんです。 ツイート確認やニュースフィードの確認はパケット通信量が多くなります。

 

 

 

そのという理由で外出先でTwitterならびにFacebookの投稿をして、自宅かフリースポットのWiFi環境下で友人知人のツイートならびにニュースフィードの結果を見るという使い方が良い所。 一方でLINEのトークは計20回のやり取りで0.05Mバイトと思われる通信量だと言えます。 機能も違うこともあり明確に比較検討は難しいでしょうがTwitterやFacebookを使用することに比べるとLINEのデータ通信量は非常に低いのが認識できます。

 

 

またLINEの通話通信量を述べた項目を再度見返していただければわかると思いますが、音声通話で使用するデータ通信量も含めてLINEは非常にSIMフリーの格安スマホと相性がいいアプリかという考え方が分かります。 LINE無料通話とLINE電話の違い ~データ通信と月額料金~ 電話をお得に LINEの便利で活用できる機能としてLINE電話があります。

 

 

通常のLINE無料通話はLINEを利用している端末同士でパケット通信を使い無料で電話できる機能です。 次にLINE電話とはLINEに対して別料金を月額で支払うと固定電話より格安で電話を利用できる機能です。例えばLINE電話に登録されている650万件のお店や施設に対して、10分間無料で電話をかけることができます。 レストランや施設予約はだいたい10分以内に電話が終わることが多いのでとても便利ですよね。

 

 

いちいち番号を調べて電話しなくてもLINEのアプリ内で操作ができますので、スピーディーに手間のかからないのが特徴になります。試しに私の最寄駅をキーワードとしてLINE電話のデータベースで検索してみました。 主要な施設が登録されているため、問い合わせしたいお店や施設に10分間無料通話をかけることができることがわかりました。みなさんもLINEのアプリ内のLINE電話のところで検索してみてください。

 

 

またもう一つの機能としてスマホの通信量が最大67~95%オフになります。 従来のキャリアの契約で通話料金を払うのではなく、LINEに対して通話料金を支払います。 よってLINE電話のみ通話で使うと決めた場合になると契約いわれているSIMの企業で通話プランに入らなくていいということだと断言します。基本料金や初期費用、接続費用は全くかからない新しいメカニズムだと思います。国内の通話だけということはなく国際電話もできるでしょう。まずは通話料金の支払方法は3通り考えられます。

 

 

 

以下の料金はLINE電話から携帯電話、スマホへかけたときの料金の一例です。 1.使う分だけ都度チャージする、コールクレジット 1分間14円 2.30日プラン 60分390円 コールクレジットで60分会話した通話した場合は60分840円となるため、たくさん話をするなら30日プランがおすすめです。 3.Androidスマホの場合のみ1LINEコインを2コールクレジットとして利用ができます。 LINE電話から固定電話へかける状況もとても格安でかけることができます。

 

 

固定電話への料金は以下の通りです、 コールクレジット 1分間3円 30日プラン 1分間2円 例えば従来の通話定額プランに入っていない契約をしているスマホから携帯、スマホ、固定電話へかける場合は平均して1分43.2円かかるのに対し、大いに通話代金の節約が実現できるでしょう。

 

 

しかしLINE電話を活用することを願うなら、電話番号契約を行っている携帯電話が重要です。 Facebook認証のみの端末では使用できず携帯電話番号での確認が必要なため、SIMフリースマホで通話プランに入るか 携帯電話を2台持ちしていると仮定をして、音声通話とSNSの受け取りが可能な携帯電話が最低1台持っているというのが使用の扱いではないでしょうか。 長くなりましたが私が調べた以上の点を含めて、お得に節約可能なうれしいスマホライフを送ってくださることを願っております。