格安スマホを解約する場合の手順

格安スマホ不要になったら解約する。格安スマホによっては解約時に解約手数料を支払うこともある。

解約方法を問い合わせてから手続きする

イオンスマホ(イオンショップモール)やU-mobile(U-NEXTストア)など、格安スマホを直営の販売店で購入した場合によっては、別途、書類の郵送による解約手続きが必要になることもある。

いずれの場合も、契約時に案内される問い合わせ先や、ホームページに書かれている問い合わせ先に、電話で解約方法を聞き、手続きを進めると安心だ。

一方、インターネット通販で購入した格安スマホは一般的に、解約手続きに必要な書類を問い合わせ先への電話やホームページからの取り寄せで入手し、記入して送付する手続きが必要だ。

解約時の注意

格安スマホを解約するときは、ときに注意しなければならない2つのポイントがある。

  • SIMカードを返却する
  • 解約手数料が発生する場合がある

SIMカードは、スマホ本体に装着されている、契約情報が記録されたICチップだ。SIMカードは契約上「貸与」なので、解約時には返却は必要だ。スマホからSIMカードを取り出し、指定された方法で、指定された住所に変装する。

もしSIMカードを紛失したり、返却しないまま放置していると、後日SIMカードの代金を支払う必要がある。イオンスマホのように解約手数料がかからない例もあるが、多くの格安スマホでは、契約と解約を頻繁に繰り返すことを防止するため、数ヶ月〜1年程度の最低利用期間を設けている。

最低利用期間を過ぎないいちに解約すると、一定の解約金を支払う必要がある。解約手数料は利用料金に合わせてクレジットカードで決済される。もし、使う期間が短い見込みであれば、契約時に最低利用期間と解約手数料を確認しておこう。