格安スマホに変えたけど今までのケータイはどうすればいい?

格安スマホを買ったことで不要になるケータイは、早めに解約しよう。ケータイ本体の適切な方法で処分する。

 

不要であれば解約する

格安スマホを買ったら、そればで使っていたケータイは不要になる。もし格安スアm保を新規に買い足し、電話番号が変わったなら、元のケータイは早めに解約しよう。

 

契約を続けていると、元のケータイにも料金がかかり、かえって費用がかさむ。元のケータイを解約する前には、電話帳などのデータを新しい格安スマホに登録し、必要な写真などのデータをパソコンなどに保存する。

 

ケータイ本体の情報で保存できるもの、できないもの

新しいスマホに保存できない情報

  • 画面メモ
  • ダウンロード購入した音楽、着メロ、待ち受け画面など

新しいスマホに移せる情報

電話帳に登録した知人の名前、電話番号、メールアドレス

 

ケータイのカメラで撮影した写真や動画

電話帳はケータイによって、パソコン形式のファイルに保存してメールで送信し、スマホで読み込むといった移動方法も可能だが、メモで書くほうがわかりやすく、不要な連絡先を整理する機会にもいいだろう。これらの準備が終わったら、解約する。下記役は元のケータイショップに行き、手続きを行う。このとき、本体を持ち帰ることもできるし、破棄してもらうこともできる。

 

本体は適切に処分する

ケータイをショップで解約するとき、本体を持ち帰ることもできる。その本体ではもう電話もメールもできないが、本体に保存した写真やメールは見ることができる。どうしても持っておきたい写真やメールがある場合は、本体を持ち帰って保管できる。

 

もし本体が不要なら、適切な方法で処分する。解約するときにショップで処分を依頼すると、その場で機械的な破壊を行い、破棄してくれる。機械的な破壊はたいへん重要で、ケータイはたとえ本体に保存してあるデータを初期化しても、特別な方法で復元できる。

 

そのため、不用意に譲渡すると、過去に保存してあった電話帳や写真を第三者に抜き取られる可能性もある。家族に譲渡するのであれば問題ないが、友人に譲渡したり、中古ショップやネットオークションで第三者に売ることはお勧めできない。

 

使い込んだケータイなら、写真やメールに思い出がたくさん詰まっているかもしれない。大切に保管しておくのもいいだろう。ただし紛失には十分に気をつけておこう。個人情報を悪用される恐れがある。

 

WiFiに接続して、デジカメや音楽プレーヤーとして使う

解約したケータイは電波が遮断され、通話ができななくなるが、解約後も、カメラ機能が使えるものであればデジカメとして使うことができる。また、パソコンに接続して音楽データをコピーすれば、音楽プレーヤーとしても利用できる。

 

解約したのがスマホであればさらに用途が広く、WiFiに接続して、Wi-Fi専用のスマホとして利用できる。インターネットを見たり、メールが使えるし、ゲームもできる。通話アプリの電話は、電話番号で認証するもの以外であれば利用できる。スマホの使い方を学ぶために使ってもいいだろう。