格安スマホ、最初にかかる費用

格安スマホを契約すると、数千円程度の初期費用がかかる。またスマホの購入方法によっては最初の支払い金額や以降の料金が変わることもある。

 

初期費用の基本は3,000円程度

格安スマホを買うときの初期費用として、必ず3,000円程度かかる。これは「契約手数料」や「SIMカード代金」などと言われ、名称は格安スマホによって若干変わるが、契約時にかかる費用と考えよう。

 

 

費用の内容は、スマホに装着されているSIMカードを開通させるための費用で、契約時に支払う必要がある。店頭で購入する場合は、現金やクレジットカードで、その場で支払う。月々の代金の合わせて支払うことはできない。気品的に、最初にかかる費用あhこれだけだ。

 

ケースやマイクロSDカードを購入する

格安スマホを買うときに、童子ケースやカバー、画面保護シートなどを買うかもしれない。また写真を保存するマイクロSDカードも買っておくといいだろう。

 

このような、スマホに使うアクセサリーを童子に買う場合の費用も、あらかじめ考えておくと良いだろう。特に格安スマホの場合、一般的な大手携帯電話会社の機種と異なり、スマホケースが広く販売されていないことも多く、その場で専用のスマホケースを購入したほうが確実だ。

 

スマホケース、画面保護シートはそれぞれ1,000〜2,000円前後で購入できて、スマホに木傷が付かないように守ってくれるものなので、つけておくと安心だ。

 

本体一括ならスマホ代金も最初に支払う

格安スマホの本体の買い方には2通りあって、1つは毎月の料金に合わせて24ヶ月で分割支払いする方法、もう一つは購入時に一括で本体代金を支払ってしまう方法だ。

 

分割支払いでも利息はつきませんので、毎月の支払い額はスマホ本体価格の1/24となり、合計は一括支払いと同じ金g買うになる。ただし分割の場合、24ヶ月での支払いになるので、24ヶ月以下で解約すると、解約時に残残債を支払う必要がある。

 

スマホ本体の代金を分割で支払う場合は、格安スマホを購入するときに支払う代金はない。使い始めてから、毎月の料金に合わせて本体代金を支払う。

 

一方、スマホ本体の代金を一括で支払う場合、格安そマホの購入時に本体の代金を支払う。一般的に格安スマホの場合、機種代金は30,000円前後〜40,000円台のものが多いので、それだけの費用を用意しておく必要がある。

 

一括支払いの場合、購入時の負担はおきいが、その分、毎月の料金にはスマホ本体の代金が加算されないので、毎月の支払いを抑えることができる。参考までに大手携帯電話会社のスマホは安価な機種でも60,000円以上するものが多く、一括購入は負担が大きいため、利息なしの分割購入も広く使われている。

 

しかし格安スマホではスマホ本体の価格も比較的康 価なので、一括購入も十分に検討できる範囲と言える。また、クレジットカードを使って支払うこともできる。次の表にあるように、いずれの場合も24ヶ月後のそう支払額は同じになるので、生活スタイルに合わせて選ぶといだろう。

 

30,000円の本体を購入する場合の例

《本体を分割払い》

購入時の支払
SIMカード代金 3,000円
スマホの本体代金 0円
購入時の合計① 3,000円
毎月の支払い
スマホ本体代金 1,250円
利用料金 1,480円
毎月の合計② 2,730円
24ヶ月後の支払合計
68,520円

《本体を一括支払い》

購入時の支払
SIMカード代金 3,000円
スマホの本体代金 30,000円
購入時の合計① 330,00円
毎月の支払い
スマホ本体代金 0円
利用料金 1,480円
毎月の合計② 1,480円
24ヶ月後の支払合計
68,520円