【格安スマホ】楽天やAmazonでも買える?

スマホ中級者ならインターネット通販で購入する方法もある。格安スマホの多くはインターネット通販で購入できる。

 

大手通販サイトでも格安スマホを販売している

インターネット通販と聞いてまず思いつくのは「Amazon」や「楽天」かもしれない。日用品をはじめ、さまざまな商品を取り扱っている「アマゾン」や「楽天」ですが、格安スマホも販売されている。

 

特に「楽天」では、自社製品の格安スマホとなる「楽天モバイル」を取り扱っていて、専用のホームページで手続きできる。「Amazon」では自社で扱う格安スマホはなく、いくつかの格安スマホを提供している会社の製品を代理店が販売している。

 

パソコンに画面で担当者に聞ける

通信販売で格安スマホを買うときは、パソコンを使い、内容を確認しながら申し込もう。「楽天モバイル」の申込では、チャット画面fが表示され、わからないことを担当者に聞きながら手続きできる。キーボードから質問を入力すれば、答えが返ってくる。

 

ネット通販会社で購入する

格安スマホのほとんどはインターネット通販に対応し、専用のホームページで申し込み、購入ができる。「イオンスマホ」も、ホームページからも購入できる。ホームページから購入する場合に気をつける、主なポイントは以下の通り。

 

・本人確認の方法

免許証・保険証・パスポートなどのコピーまたはスマホで撮影した画像

・いつから使えるか?

・料金の決済方法

 

本人名義のクレジットカード

スマホを購入する場合、本人確認は必ず行う決まりがある。そのため、申し込み後に免許証のコピーを送付したり、カメラで撮影した免許証の画像を送信するといった方法が使われる。

 

また、支払いをクレジットカード決済にすることで、本人確認の代わりにできる場合もある。いずれにしても、免許証やクレジットカードなど、本人であることを照明できるものが必要だ。

 

これは店舗購入でも同じなので、格安スマホを購入する場合にはあらかじめ用意しておこう。次にインターネット通販では、スマホが届くまでの期間を考えておく。一般的には申し込みから数日以内に配達されるので、申し込んだ日にすぐ使うことはできない。

 

携帯電話番号を引き継ぐときの注意

特に注意したいのはMNP(携帯電話番号ポータピリティー)を使って格安スマホを購入する場合。MNPとは、今まで使っている携帯電話会社を下記役して新たに別の携帯電話会社と契約する方法で、格安スマホでもMNPを利用できる会社は多くある。

 

しかし、インターネット通販で格安スマホを申し込み、MNPを使うと、スマホが届くまでの間、これまで使っていた携帯電話やスマホが使えなくなる。その間の数日は、着信する電話に出ることができなくなるので、注意が必要。