ガラケーとスマホの中間「ガラホ」って何?

ガラケーと呼ばれる携帯電話の形をしていて、中身はスマホ。それが通称「ガラホ」と呼ばれるケータイだ。

 

通話とメール、LINEを使うことが中心ならガラホもアリ

スマホのアプリを使いたいけれど、タッチパネルではなく携帯電話のようにボタンで簡単に使いたい・・・このようなニーズに答えてau で2015年2月から販売が始まったのが、「ガラホ」だ。中身はAndroidの基本ソフトを搭載し、LINEなどのアプリを使える携帯電話だ。

 

2つ折の本体をぱっと開いて使い、ボタンを押して操作するなど、ガラケーの使い勝手をそのまま使えることが魅力だ。また、ワンセグ視聴やおサイフケータイなどの機能も持っている。

 

2015年3月現在、ガラホはauが発売したシャープ製のAQUOS Kだけだが、docomoから発売も決まっている。今後は機種も増えてくると予想される。大手携帯電話会社の家族割りに入り、メールやLINEをしたいという人なら、格安スマホではなくガラホを使うのも一つの選択肢となるだろう。