【格安スマホ】留守番電話やキャッチホンは使える?

携帯電話の便利なサービス、留守番電話やキャッチホンは、格安スマホでは使えない場合がある。通話に関しては、最低限の機能を使えるようにしているのが格安スマホだ。

 

留守番電話、キャッチホンは使えない格安スマホもある

留守番電話は、かかってきた電話に応答できないときに、留守番電話サービスセンターがメッセージを録音して預かってくれるサービス。後から都合のよいときに、何度でも聞き直せるのが便利。

 

チャッチホンは、通話中に別の電話がかかってきたときに、電話がかかったことを信号で知らせ、通話中に切り替えることができるサービス。どちらも、携帯電話会社が提供している。

 

格安スマホは、携帯電話の回線を借り受けて低価格で提供するサービス。そのため、こうした便利な通話のサービスは使えない場合がある。イオンスマホでは使えない。

 

留守番電話サービス→留守番電話センター→伝言を預かるはできない

キャッチホンサービス→通話中→別の人からの電話に応答することができない。

 

LINEでボイスメッセージ機能を使う

留守番電話サービスと似たような機能を持つアプリを使えば、伝言を残したり、再生して確認したりすることができる。たとえば、LINEの「ボイスメッセージ」機能を使うと、スマホのマイクから音声でメッセージを録音し、相手に送信することができる。

 

ボイスメッセージを受けたら、画面に表示されたメッセージの「再生」をタップして内容を聞いて確認できる。ただし、送信する人も受信する人もLINEのアプリをインストールし、友だち録音していなければ使えない。

 

電話としてに機能を重視するなら、携帯電話がおすすめ

スマホは、さまざまなアプリが利用できることが強味の小さな情報機器だ。電話としての通話機能を重視したいという人は、スマホではなく、「ガラケー」と呼ばれる従来の携帯電話を使うことをおすすめする。次のような強味がある。

 

  • 留守番電話やキャッチホンのサービスが使える
  • 音声がクリアで聞きやすい
  • 電源バッテリーの持ちが良い

 

格安スマホは、特に通話が少ない、ネットの動画を見たり、ゲームをしないような、データ通信のデータ量がさほど多くない人に向いている。自分の使い方に合わせて選ぶことが大切だ。