【格安スマホ】iPhoneとAndroidのスマホを選べる?

スマホを大きく分けると、iPhoneとAndroidのスマホに分かれる。現在、格安スマホとして本体とサービスがセットで販売されているものは、Androidのスマホだ。

 

携帯電話会社の一般のスマホではiPhoneが選べるが、格安スマホでは選べない

 

使いやすさとデザインの良さで人気のiPhoneは、docomo、au、SoftBankの大手携帯電話会社で契約できる。家電量販店で購入し、携帯電話会社の通信サービスを契約することもできる。一方、格安スマホでは、残念ながら現在、iPhoneの扱いはない。

 

そもそもiPhoneとAndroidって何が違うのか?

iPhoneとその他のスマホの大きな違いは、OSと呼ばれる基本ソフトの違いだ。iPhoneでは、iOSを、その他のスマホではAndroidを、基本ソフトとして使っている。

 

基本ソフトは、機械そのものを動かしたり、アプリと呼ばれるさまざまなソフトを動かしたりするための共通の部分を担当するもの。写真を撮ったり、メールを送ったり、インターネットで検索したりといったさまざまな用途のアプリは、基本ソフトの上で動く。できることはほぼ同じですが、画面のデザインや使い勝手が異なる。

 

iPhoneを格安に使う方法もある

格安スマホとして販売されているiPhoneはないが、携帯電話会社の契約ではなく、格安スマホのSIMを使って通信料を安くする方法がある。SIMとは、電話番号を含む契約内容の情報が記録されたICだ。

 

スマホや軽帯電はで通信するには、このSIMが必要で、通常は、特定の携帯電話会社でしか使用できないよう、制限がかけられている。そのため、スマホからSIMを取り出して、他の携帯電話会社のスマホに入れても使うことができない。これを「SIMロック」という。

 

SIMロックを解除すると、SIMを他の携帯電話会社のスマホに入れて使うことができるため、もしも機種変更をして、今では使っていないiPhone4などが手元にあるなら、格安スマホを入れて使うこともできる。ただし自分でSIMロック解除と新しいSIMを入れる作業をしないと使えない。SIMを入れ替える方法はあるが、初心者にはあまりおすすめできない。