格安スマホはなぜ安いのか?安さの理由とは

一般なスマホの利用料金は、月額で6,000〜8,000円くらいかかる。格安スマホでは、3,000円台のサービスが中心。半分以下の料金は大きな魅力だ。安さの理由を解読していこう。

 

スマホ本体そのものが安い

一般のスマホはさまざまなメーカーの機種を取り揃えていることが特徴。高速でのデータ通信をしたいビジネスマン、写真を楽しむ若い人、メールや通話が中心の主婦など、さまざまな層のニーズに応えるために、最新の技術を投入したスマホを開発している。

 

従って最新の機種では、本体価格はかなり高額だ。超高精細な画面を使い、音楽CDよりも音質に良いハイレゾオーディオが楽しめるといった技術に加え、ワンセグ、おサイフケータイなどの機能を搭載した機種では、10万円近いものもある。

 

 

2年間使うことを前提とした契約で分割にし、月々3,000円くらいを料金に上乗せして支払う。一方、格安スマホで使っているのは、2万円台ぐらいからのお手頃なスマホだ。最新の技術ではなく、少し前の普及している技術を使っているのは、2万円台くらいからのお手頃なスマホだ。

最新の技術ではなく、少し前の普及している技術を使った機種を採用している。また、搭載する機能を絞っているのも安さにつながっている。料金は一括で支払うほか、指定のクレジットカードで分割できる場合もある。

 

通話のプランに違いがある

最近の携帯電話会社では、特定の相手や家族だけでなく、すべての通話を定額にしたり、割引にしたりするプランが一般的ななっている。2年間の契約なら、月々3,000円くらいだ。

 

さらに、データ通信料がかかるが、やりとりするデータの容量が2GBまでのパックなら3,000円くらい、7GBまでのパックでは5,000円くらいだ。そのほか、携帯メールと呼ばれているメールの利用料や、各種オプションの利用料がかかってくる。これで6,000〜8,000円くらいになる。

 

一方、格安スマホでは、通話料金は料金プランに入っていない。イオンスマホのアルカテル「idol 2s」の場合は、通話をするための基本料金と5GBまでのデータ通信のパックで月額税込みで、1,782円、1GBまでなら、税込みで1,458円だ。

 

これは税込みのキャンペーン価格で、契約から2年目以降は金額が変わる。無料通話の部分はなく、30秒で20円といった通話料で計算される。基本の通話プランが異なるので、あまり通話しない人ならぐんと安くなるというわけだ。

 

格安スマホでも料金が高くなる場合もある

格安スマホを使うと、必ず料金が安くなるわけではない。特に通話をすることが多い人は、誰にどのくらいかけているかを確認しておくといいだろう。

 

LINEなどのアプリで無料通話を使えば、データ通信で話すことになるので通信料はかからないが、相手が無料通信アプリを使っていない場合は、携帯電話回線の通話を使うことになる。

 

通話料は話した時間ごとにかかる。また、格安スマホには家族割引や、家族で通話やデータを分けるプランはない。携帯電話会社が提供している学生割引もない。素族でスマホを使うなら、家族全体の利用状況を確認し、サービスを比べて賢く使おう。