【格安スマホ】料金プランの見直し

楽天モバイル

ケータイでは月額2000〜3000円台の料金で済んでいたという方が多いはずで、それがスマホに移行後は少なくとも月額6500円かかるとなれば、さすがに負担が重い。

特にシニアの年金生活者にとっては、年金給付の減額や消費増税が重くのしかかり、毎月の支出を少しでも節約しようと心がけている中で、高額な通信費はなかなか許容しにくいだろう。

また、ケータイからスマホに機種変更するということは、当然ながら新しい端末を買わなければならないが、スマホは従来のケータイとくらべて端末価格が高い。では、スマホの料金を節約するのに、どういった方法が考えられるだろうか。まず1つ目は、キャリアの料金プランをよく分析して、契約内容を見直して無駄を省くことだ。

たとえば、各社とも家族の取り込みと長期契約者のつなぎめに注力していることから、契約年数が最も長いキャリアに家族全員が移って契約を一本化し、パケットを家族で分け合うプランに切り替えるなどが考えられる。

2つ目は、このサイトのメインテーマでもある格安スマホを導入することだ。格安スマホは月々の通信料金がキャリアよりもはるかに安く、端末も比較的手頃な価格で買えることから、にわかに注目度が高まっている。

最後にの3つ目は、キャリアのち外に左右されないSIMスルースマホを購入し、それに通信料が安い格安SIMを入れて使うことだ。いわば端末をSIMの組み合わせを自分で選ぶ格安スマホといったところだが、もちらは開通作業なども自力で行わなければならないため、やや上級者向きといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です