【格安スマホ】とドコモの料金体系を比較

楽天モバイル

ドコモの現在の料金プランは、スマホ、ケータイとも共通で、国内通話が24時間無料に鳴る。「カケホーダイプラン」を基本プランとして、そこにデータ容量が異なる「パケットパック」を付加するという構成になっている。

こうしたプランは確かにシンプルでわかりやすいものの、契約する側にとっては選択の余地がないため、料金を節約しようにもパケットパックで最小プランを選ぶぐらいしかできない。

従来のケータイ向け「FOMAバリュープラン」では、基本プラン、パケット定額プランともに数通りから選択でき、通話やデータ通信を控えれば料金の節約にもつながったが、現行プランは実際に使っても使わなくても毎月一律の料金を徴収されるので、ライトユーザーは不利な料金体系といえる。

どこも のスマホ向け旧プラン「Xiプラン」では、カケホーダイも無料通話ぶんもつかないものの基本使用料が安かったため、通話を控えれば現行プランよりも料金を抑えることができた。

しかし、この旧プランは2014年8月で新規受付を停止したため、これらからドコモでケータイからスマホに機種変更する場合には選択できない。ドコモの現行プランで料金節約の余地があるとしたら、それは複数人の家族で契約する場合だ。

具体的には、パケットパックのデータ量を家族で分け合える「シェアパック」を活用することで、ひとりあたりの月額料金は個別に契約する場合よりも下がる。また、家族の代表回線の利用年数に応じてパケットパックの料金が割引かれるのでk,長期契約者はさらに有利だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です