【格安スマホ】低料金でスマホが持てる

大手キャリアの料金は節約の余地が無い

大手キャリアが用意しているスマホ向けの料金プランを見比べると、われわれ利用者には料金を節約する余地がほとんどないことがわかる。どこも会社でスマホを買って、データ容量が最も少ないプランで契約したとしても、月々支払う料金は少なくとも6500円になる。

従来のケータイでは、自分の利用状況に合ったプランを選ぶことができたし、通話やデータ通信のりようを控えれば、そのぶん通信費も節約することができた。

ところが、現在のスマホの料金体系は、使おうが使うまいが料金料金を定額で徴収するしくみに変わってhしまった。スマホを四六時中手放さないようなヘビーユーザーならともかく、経済性を考慮しながら節度を持って使おうとしている方にとって、このような料金体系はまったく適さない。

せめて、現在ケータイに支払っている通信料と同程度の支払いに抑えられるなら、スマホ乗り換えのハードルもぐっと下がるに違いない。そのニーズに応えるのが、「楽天モバイル」だ。

スマホはドコモなどの大手キャリアでしか契約できないと思われがちだが、ここ1年の間に状況が一変し、これまでケータイやスマホとはスーパー最大手の「イオン」や、ネット通販でおなじみの「楽天モバイル」、レンタルビデオ店の「ゲオ」などすべてに格安スマホを取り扱っているのだ。

”格安スマホ”と呼ばれるだけあってその料金は驚くほど安く、月額1500円程度が主流だ。また、端末自体も安価なものが多いので、はじめてスマホを持とうという方でも無理なく導入できる。キャリアのスマホ料金はどの会社も横並びで、高止まりの状態が続いている中で、格安スマホは津通信費を節約するうえで最有力の選択肢となりうる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です