格安スマホはなぜここまで安くできる

スマホ

格安スマホのりょうきんはい大手キャリアの数分の一と驚きの安さだが、なぜこんな低料金を実現できるのだろうか?

ここまで安いと回線のつながりやすさや通信品質が心配になるが、その辺りは本当に大丈夫なのか?そもそも通信業者とは無数に思える異業種企業が、どうしてスマホに参入dきるのかもよくわからないところだ。

ここで知っておきたいキーワードが「MVNO」だ。あまり聞き慣れない言葉だが、、これは「Mobile Virtal Netwok Operator」の略で、直安すると「仮想移動体通信事業者」という意味になる。

具体的には、通信設備を自ら持たず、他社から借り受けたものを使って通信サービスを提供する事業者のことをいうが、格安スマホの通信サービスはこのMVNOが扱っているのだ。

MVNOのしくみ

ドコモなどの大手キャリアは、通信設備を自ら敷設し、それを用いて自社の契約者に通信サービスを提供している。だが、回線や基地局などを全国にくまなく設置したり、将来の高速通信規格を研究・開発するには、膨大な費用がかかる。

キャリアはそのコストを契約者の通信料で回収しなければならない。一方のMVNOは、大手キャリアに接続料を払って回線の一部を借り受け、それを使って自社の津新サービスを運営する。

つまり、MVNOの回線は、元を正せばキャリアの回線なのだ。この手法を用いれば、MVNOは通信事業を興すのに巨額の設備投資を行わずに済む。しかも、MNVNOからキャリアに支払う接続料は、総務省の働きも合ってここ数年で大幅に引き下げられている。だから異業種からの参入が比較的容易で、料金も安く設定できるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です