格安スマホで料金はどこまで安くなる?

格安スマホ

大手キャリアのスマホ向け料金プランは、もっとも安い構成でも月額6500円はかかる。それに対して格安スマホの場合は、契約するMVNOや料金プランによるが、だいたい月額1500〜2000円程度で済む。月額料金だけを見ればその差は歴然で、格安スマホを選んだ方が月々の支払いは大幅に抑えられることになる。

だが、スマホに移行するには当然ながら何かしら端末を購入しなければならないので、月々の料金だけでなく端末代も合わせて考える必要がある。格安スマホは端末も安価なものが多いが、一方でキャリアには端末の購入代金を毎月の利用料から割り引くという独自の施策があるので、単純に端末の価格だけ比較しても意味が無い。

これは、ドコモでは「月々サポート」、auは「毎月割」、ソフトバンクは「月々割」と呼ぶが、その内容はどれも同じで、端末購入最近の一部が24ヶ月にわたって毎月の利用料から差し引かれるというものだ。

その割引額は端末の機種や購入した記事によっても変わるが、中には24ヶ月の累計で端末代金の全額が割り引かれるのもある。「実質0円」などと称して販売される端末がそれだ。

この場合、結果的には端末を2年間使い続けることgは前提になる。その途中で回線を解約した場合はもちろん、別の端末に機種変更したり、対象外のプランに変更すると、サポートは打ち切られてしまう。

このように、キャリアでは端末価格と2年経過時の実質的な負担額が異なるので、格安スマホの端末価格とは単純に比較できない。そこで、キャリアのスマホと格安スマホの費用を比較するときは、月々の料金に端末の実質的な負担額を加えた2年間の累計で考えたほうが、その差をより正確に把握できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です