iPhoneはどうする?格安スマホに移行せずキャリアにとどまるという選択

iPhone6s

MVNOの価格な料金設定に、キャリアは逆立ちしても太刀打ち出来ないのが現状だ。だからといって「スマホは料金さえ安ければよい」というものではない。これから毎日、常に持ち歩くことになるスマホに対しては、自分のこだわりを反映させたい向きもあるからだ。

たとえば、日本でスマホをいえばアップルのiPhoneが圧倒的に人気だが、「iPhoneの格安スマホ」というのは存在しない。iPhoneを所有するには、アップルからSIMフリー版を購入して格安SIMで運用するか、キャリアで契約するしかない。

しかし、キャリアはさまざまな施策でiPhoneの実質端末価格を引き下げているので、2年間の累計費用で考えると、SIMフリー版+格安SIMとくらべてもおれほど大きな差は出ない。このように自分の使いたい端末が明確にあって、「この料金まら許容できる」という場合には、あえてキャリアにとどまる選択も当然あり得る。

ここがポイント!

人気のiPhoneの場合、SIMフリー版+格安SIMフリーの組み合わせで使っても2年間の累計ではあまり支払いに差がでない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です