iPhone6/6PlusのSIMフリー版に格安SIMを設定する方法

 

端末を選び終えて準備が整ったら、設定開始!最後の難関となるが、焦らず手順通りに設定すれば、大丈夫。一手ずつ確実にセットアップしていこう。

 

iPhone6

 

SIMをセットして使えるように設定する

 

1・SIMトレイを取り外す

iPhoneのスリープボタンを長押しして電源をオフにし、SIMカードのトレイをゆっくり取り出す。ピンでフレームに傷がつかないように細心の注意を払って作業しよう。

 

 

2・格安SIMを挿入する

iPhoneで使えるナノSIMをトレイに載せて、端末に戻す。このとき、向きを間違えていないか確認すること。四隅の一つが斜めになっている部分でチェック。

 

 

3・電源をオンにする

iPhoneのスリープ解除ボタンを長押しして電源をオンにする。iOSの起動が完了するまでしばらくまつこと。起動したら、ロック解除して操作できる状態にする。

 

 

4・Wi-Fiをオンに

ANP設定用の構成プロファイルをインターネットからダウンロードするため、Wi-Fiをオンにしておく。コントロールセンターから開くと、すばやくオンにできる。

 

 

5・プロファイルを導入

事業者のマニュアル記載のURLからプリファイルをダウンロード。この画面からインストールをタップ。プロファイルがなければ手動設定する必要がある。

 

 

6・パスコードを入力

プリファイルを導入するには、パスコードを入力する必要がある。端末にパスコードを設定していない場合は、この作業はスキップして導入が完了する。

 

7・確認のためWi-Fiをオフに

プロファイル導入後およそ1〜2分で繋がる。接続チェックのために、コントロールセンターを開いてWi-Fiをオフにしておく。

 

 

8・ウェブページを開く

Safariなどのブラウザーで任意のページを開いてチェックしてみよう。問題がなければ、無事ページが表示されるはずだ。

 

 

ANPとは?Access Point name

 

プロバイダー情報のようなもの。SIMを挿しただけではネットには繋がらないが、接続先や認証の情報を入力すると接続できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です