【格安スマホ】キャリア回線の解約時に違約金が発生する

格安SIM

定期契約をイメージして理解しよう

”2年縛り”の期間中に契約を解除すると、違約金が発生するが、25ヶ月目に解約すれば違約金は発生しない。26ヶ月目に入ると契約が自動更新されてしまい、さらに2年間使い続けることになる。

格安スマホに乗り換えようとすると、予期せぬ出費がかさむことがある。まず、多くの方が該当する可能性があるのは、キャリアの回線解約に伴う違約金(契約解除料)の発生で、3社とも共通で9,500円徴収される。MNPの場合は、さらに転出・転入手数料が合わせて5,000円ぐらいかかるから、キャリアからMVNOに移るだけでも、1万5千円近くも必要になってしまうのだ。

なぜ違約金が発生するかというと、キャリアの基本使用料は2年間の継続利用を約束する定期契約になっているからだ。コレがよくに言う”2年縛り”で、キャリアの言い分けとしては「2年間の定期契約を結ぶ代わりに基本使用料を割り引いているので、その契約が履行されなかったときは違約金を頂きますよ」という理由になる。

実際、定期契約なしの料金プランもあるにはあるが、基本使用料がかなり割高になるので、選択する人はまずいない。たとえばドコモの「カケホーダイプランの場合、2年間の定期契約ありでは月額2,700円だが、定期契約なしにすると月額4,200円に大きく跳ね上がってしまう。」

もちろん、2年間の定期契約が満了になれば、その翌月は回線を解約しても違約金を取られない。これを”解約月”と呼ぶが、やっかいなのは解約月の1ヶ月間に解約や定期契約なしの料金プランへ変更がなければ、2年間の定期契約が自動更新されて、再び”2年縛り”が始まってしまうことになる。

もうおわかりと思うが、格安スマホ(MVNO)への乗り換えは、キャリアの解約月の期間中に行うのが理想だ。とはいえ、自分んの解約月がいつなのか、正確に把握している方は少ないだろう。これは、キャリアの公式サイトにログインして、自分のりよう明細を見るとわかる。

ケータイの解約月まで半年の場合

旧プランでケータイを使っていて、解約月まであと半年程度の場合は、ケータイは最小プランのみに変更したいうえで解約月まで解約月まで残そう。それとは別に格安スマホを先行して新規契約し、ケータイの解約月まで一時的に2台持ちにする。この方が結果的に安く済む。

解約月までまだ先が長い場合

すでにキャリアのスマホを使っていて、解約月までまだ先が長い場合は、次の解約月を持たずにいますぐ格安スマホに乗り換えたほうが良い。当然、違約金は発生するが、試算するとそれも3ヶ月程度で元が取れ、4ヶ月目からは支払い額が大幅に下がる計算になるからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です