【iPhone5s/5c】手動でANPを設定する方法

手動でANPを設定する

iPhone

 

iPhone5s/5cで格安SIMを利用する場合、構成プロファイルが公開されていなければ難易度がかなりアップする。というのも、別途PCで作業が必要になるからだ。

 

iPhoneの場合は、たとえSIMフリーモデルであっても端末内にはANPの設定項目が用意されていない。代わりにPC向けのiPhone設定ツール「iPhone構成ユーティリティ」を利用する。

 

これは無料ソフトとしてAppleサイトからダウンロード可能だ。ソフトにAPNの情報を入力し、USBケーブルでiPhoneでプロファイルのインストール操作をすることで、格安SIMを使った通信ができるようになる。

 

ちなみに、iPhone5s/5cでテザリングしようとすると、強制的にあらかじめ設定された専用APNへ接続先が切り替わる。この切り替えに関しての設定はユーティリティで変更できないため、現状ではテザリングが使えない。

 

 

構成プロファイルをiPhoneに送る

 

1・プロファイルを新規作成

iPhone構成ユーティリティを起動し 構成プロファイル → 新規 で名前欄と識別子欄を画面を参考に入力する。

 

2・APNを新規作成

中央下のペインからAPNを選択する。上の画面になるので、構成ボタンをクリックしてAPN入力待機状態にする。

 

3・マニュアルを確認

格安SIMパッケージのマニュアルに記載されたAPNとユーザー名、パスワードを確認。認証タイプは不要だ。

 

4・情報を入力する

アクセスポイント名にAPNを、ユーザー名、パスワードも忘れずに入力。プロキシサーバーとボートは記載がなければ不要。

 

5・iPhoneをPCに接続

入力した情報はUSBで転送する。作業中のPCにiPhoneをつなぐ。Lightning USBケーブルをそれぞれに接続しよう。

 

6・構成プロファイルを転送

iPhone構成ユーティリティの左ペインに表示されるiPhoneをクリックして構成プロファイル → インストールをクリック。

 

7・インストール

iPhoneの画面を確認、ププロファイルの確認画面となるのでインストールをタップし、パスコードを入れて導入完了。

 

8・接続を確認

インストールが終わったら、Safariでウェブページを開いて接続を確認する。問題なく開けば設定完了だ。

 

 

格安SIMに変えたらバッテリーの減りが速い!?そんな時は、SMS付きに変更すれば解決

SMS非対応プランを使うと、iPhoneやNexus5でアンテナピクトが表示されないことがある。じつはこのときスマホ内部では電池の消耗が激しくなっているのだ。解決するにはSMS対応のプランに変更する。
SMSの有無で表示が変わる
SMS付きは電波強度が表示されるが、無しの場合は非表示となってしまう。そのため、通信状態を見分けにくくなる。

 

SMS交換をする

サービスによってはSMS付きSIMへの変更が可能。ただし有料となる。会員メニューにログインする。

 

契約内容を変更

契約変更のメニューからSIMカード交換でSMSへの変更を申し込む。郵送でSIMが送られてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です