格安スマホから元のケータイに戻す方法

格安SIMフリー

長年、ケータイを使ってきたほうが格安スマホに乗り換えて、実際に使い始めてみたもののどうにも使いづらく、「やっぱり元のケータイに戻したい」と思うこともあるだろう。特にシニア層でそういうケースは少ない。

以前契約していたキャリアで元のケータイに戻すことはもちろん可能だ。格安スマホに乗り換える際にMNPを利用していれば、再度のMNPで同じ電話番号のまま元のケータイに戻せる。

しかし、費用面の負担が大きくなることは覚悟しておかなければならない。まず、再度のMNPで転入・転出手数料が5000円ほどかかる。

また、MVNOには、キャリアのような”2年縛り”はないが、6ヶ月から1年程度の最低利用期間を設定しているところは多く、その場合には違約金がかかる。また、端末を分割払いで購入した場合は、その残債も支払わなければならないので、トータルするとかなり高額になる。

auプランを改廃

今回、auが廃止するプランやサービスは利用者が比較的少ないものが中心なので、あまり大きな影響はないだろう。また、現在これらのプランを利用している方は、新規受付停止後も引き続き同じプランで利用できる。

MVNOからキャリアへの出戻りには、将来的にもうひとつの問題が出てくる可能性がある。キャリア3社では現在、料金プランの改廃を段階的に進めているところだが、そうなると、将来キャリアに戻った時、以前と同じ料金プランがすでになくなっていることも十分に考えられる。実際にも、auがケータイ向け「シンプルコース」の一部プランについて、9月1日かた新規受付を停止している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です