格安スマホはキャリアのような手厚いサポートは期待薄い

格安SIMフリー

キャリアの場合は全国各地に系列ショップがあるので、自分の端末に何かトラブルが起きても、最寄りのショップ(端末購入店でなくてもかまわない)に行けばその場で対応してもらえる。

仮に端末の故障で修理が必要になったとしても、ショップが代替機を貸し出してくれるので通信や通話ができなくなるということもない。一方、格安スマホでは、こうした手厚いサポートを受けるのは難しい。

たとえば、全国各地に店舗があるイオンスマホでも、端末購入後のアフターサポートは端末メーカーが行うので、イオンの店舗に持ち込まれても対応できず、貸し出せる代替機の用意もないそうだ。

  • 基本的に故障時は代替機が借りられない
  • 購入店で修理を受け付けていないことがある
  • スマホによってはアフターサポートを端末メーカーが行う
  • 修理中は通話や通信が行えない

保険的なサービスもある

万一のトラブルに備えた保険のような有料サービスもある。たとえばイオンモバイルの「イオンスマホ安心保証」に加入していると、落下や水漏れなどによる故障でも4000円程度の自己負担(実際の負担金は機種によって異なる)で、新しい端末と交換してもらえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です