格安スマホでLINEの年齢認証を行う裏技

kakuyasusumaho .png

答えからいうと原則的にはそのままの状態であるなら難しいでしょう。

 

とはいえ、「代替案とか回避策は出ている」という現在の状態です。 どういう事なのか詳しくみて行きましょう。

 

本来MVNOにおいてLINEを利用するには? MVNOの格安SIMでLINEを利用する場合は、初めにデータ通信専用SIMの場合は「SMSオプション付き」のプランを選択する必要があるでしょう。

 

LINEは初期設定の状態や端末を引き継いだ状況のアカウント認証時に、個人と電話番号を特定行う狙いでSMSが必要不可欠です。

 

最初のログイン画面で「メールアドレス」「パスワード」を入力後、アカウント認証のための認証番号がSMSで送られてきますので入力してください。

 

これでMVNOの格安SIMでもLINEを登録することができるのですが、一部分の機能が制約されたケースです。

 

「年齢確認」を済まさなければ「ID検索」を使用する事が認められていません。 MVNOの年齢確認につきまして LINEでは初期設定の時点で「年齢確認画面」が表示されると思います。

 

この年齢確認ですが、3大キャリアの契約内容で照会される体制と言えるでしょう。システム上はLINE⇔キャリア間のやり取りで年齢認証しています。

 

事実、「年齢確認します」を判定するとキャリアのログイン画面へと遷移します。 キャリア契約の場合は、ここでキャリアのIDやパスワードを入力すると、SMSで認証番号が送られてきてLINEの年齢認証画面で番号を入力すると終わるというパターンになると思います。

 

格安スマホランキング1位 【楽天モバイル】

MVNOの場合は、キャリア契約ではないからこの進め方ができないのです。 ドコモ系MVNOでこの手順を行おうとすると、キャリア契約と同様に「docomo ID」の確認画面が表示されるでしょう。基本にあるのはdocomo IDをないため、ここで行き詰まってしまうようです。

 

最近はdocomo IDがオープンになったため、ドコモ契約者でなくても「docomo ID」を持つことができるようになったのですが、最初の画面でID、パスワードを入力しても接続先がMVNOサーバーのためエラーとなり、SMSが送信されてきません。

 

この年齢確認が出来ないと、LINEの「ID検索」が実行できません。 ID検索を効果的に日常的に使用することでユーザーにはこの「年齢認証」はトラブルです。回避する戦略はないのでしょうか。

 

MVNOの格安SIMのLINEでは「ID検索ができない問題」の代替案を探る id検索 MVNOの格安SIMの場合「年齢認証」がクリアすることが出来ないため、「ID検索」ができませんが、とにかくこの「ID検索」の代わりに使えそうな代替案をご提案します。

 

これらのメカニズムを用いることでIDの追加は実現可能ということですが、MVNOでは年齢確認ができない。といった根本にある問題は解決していません。

 

格安SIMフリー.png

 

代替案①

【PC版LINEアプリを使う】 PC版のLINEなら、年齢確認を行わなくてもID検索することができます。IDを紹介してもらったけど、MVNOの格安SIMだから検索できないとされるのならPC版のLINEで検索を行うことができることになります。

 

代替案②

【LINE自分専用URLを発行する】 ID検索を実行できないということと同様に「独自のIDを教えて、リストに加えてもらう」際も出来ないということです。

 

しかし、これにも代替方法はあります。LINEには「自分専用URL」を生成する機能が考えられます。このURLを伝える点で、検索してもらうことこそが可能ではないかと考えます。

 

ID検索と同じような使い方ができるとすれば・・・ということになります。生成方法は、LINEの「友だち追加」の画面で「招待」を選ぶと、LINEへ招待するメールアドレスが自動的に作成されるのですが、その中に自分自身専用のURLが登録されていると思います。

 

このURLは変わるということがないので、保存しておいて今後についてはこのURLを教えることで検索や友だち追加してもらうということが可能です。

 

MVNOの格安SIMのLINEでは「年齢認証ができない問題」の回避策を探る この「年齢認証」が出来ない課題につきまして代表的なものをご報告しておきます。ご案内はしますが、あくまで当人責任で行ってください。

 

他には、このシステムがこの先も有効であるかは不明です。

 

回避策 【年齢認証にキャリアSIMを使う】

格安SIMフリー.png

この方法には、MVNOの格安SIM以外に「キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)SIM」が必要不可欠です。すなわち、年齢認証段階ではキャリアSIMを使い、その後MVNOの格安SIMに交換ることで回避するシステムです。

 

①事前にID(ドコモIDやMy Softbankなど)登録を済ませたキャリアSIMを用意。

 

②LINEを利用したい端末に挿入して電源を入れる。

 

③LINEアプリを開き、「IDの検索を許可」を有効に。

 

④年齢確認画面が開き、「年齢確認をする」を扱うとキャリアのログイン画面が表示されるので、電話番号とパスワードを入力して年齢確認を行います。これで無事年齢確認が終了し、「IDの検索を許可」が有効になります。

 

⑤電源を切り、MVNOのSIMに戻して電源を入れ直すだけ。再起動したあとでも「IDの検索を許可」は有効になったままです。

 

これらは「一瞬だけ家族や友達のSIMを借りて、LINE認証を行う」というやりかたもできますね。 この他の方法もWiFiや無線LANを使うやり方等があるようですが、いずれにしても”MVNOの格安SIMで”年齢認証をクリアするメカニズムではなく代替措置によってクリアする方法です。

 

本来は、MVNOのほぼは契約時にクレジットカードが必須となっており年齢確認自体が済んでいるケースのはずです。

 

LINEの年齢確認がキャリアの登録情報に紐づいて行われるという方法の変更を待つしかありません。 ちなみにLINEを使用するなら月に1000円ちょっとで充分にLINEが使用できる楽天モバイルというMVNOがおすすめです。