SIMフリースマホ、バックグラウンドで行われている通信を切る

 

ユーザーは気付かないが、アプリの中にはバックグラウンドでデータを更新するものがある。

 

このようなアプリもデータ転送量増大の原因となるので、必要なアプリ以外は、バックグラウンド通信をオフにするのが低容量の格安SIMの鉄板設定といえる。

 

Appのバックグラウンド通信オフ

 

「設定」→「更新機能の選択」→「アプリごとにオフ」

 

 

Android・バックグラウンド制御を行う

 

「データ使用を開く」→「モバイル通信」→「OKで制御開始」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です