格安スマホよくある質問、格安SIM

マイネオは格安SIMの一つです。マイネオのような会社をMVNO(MobileVirtualNetworkOperator)といいます。

日本語だと仮想移動体通信事業者。docomo、au、ソフトバンクといったキャリアをMNOといいます。MVNOはMNOから回線をレンタルして、ユーザーに通信サービスを提供しています。

「橋」で例えると、四国への吊り橋を大手キャリアが3本ずつ架けました。四国に行く手段は橋を通るしかありません。橋を通るには、高い通行料金を払う必要があります。

大手3社は消耗戦になるのを避けるため、橋の通行料金は、横並びで変えない約束をしています。そこで、国は競争させるため、橋の一部をレンタルできる制度を作りました。

これがMNVOです。盆暮れなどは9本もある橋が、それでも渋滞します。しかし、平日は橋は3本もあれば十分です。空いている橋を車線を細かく分けて貸し出しています。

車線をたくさん借りれば通信速度は安定しますが、料金もかかります。格安SIMでは料金の安いブランドだと通信速度が思ったより遅い場合も少なくありません。スマホ用の格安SIMは2008年に日本通信のb-mobile3Gが始まりです。

私も出た当初Galaxys2をヤフオクで購入し、b-mobileのSIMで使っていました。当時は3G回線だったので速度はあまり早くありませんでしたが、キャリアの料金よりかなり安く使えたため満足していましたが、段々通信容量の不足にストレスを感じ、ついにauのスマートフォンに手を出してしましました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です