キャリアの料金が安くならない理由

国内の大手3社によるモバイルインターネット市場は、携帯電話の人口普及率が100%を越えた今、完全に寡占状態であり、価格も談合で横並びとなっています。

こんな状態は良くないと通信料金を下げたい総務省が始めたMVNOも普及があまり進まず、並行状態が続いています。そもそもガラケー時代は通話基本料が2000円、パケット代が1000円で3000円前後だったのが、スマホになり普通に毎月1万円を1人からとれる。

しかもインフラなので、他社の参入は極めて難しいとなれば、値段を下げる理由がありません。また、パソコン、インターネットが普及したとはいえ、まだまだスマホアレルギーや、苦手意識のあるかたがたくさんいます。毎月スマホ代いくら払ってるの?1万円くらい。

なんでそんなにかかるの?…よくわからないけど…。といった方がかなりの割合でいらっしゃいます。しかし、モバイルインターネットは高いと思われている方はほとんどだと思います。画期的に安くする手段もある、あとは勇気を持って、キャリアから抜けるだけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です