格安スマホよくある質問、実質0円、一括0円

iphoneやスマホを使っている人の中には本体代金は払ってないという認識の方が結構いらっしゃいます。ほとんどの方が本体代金の2年24回払い分割払いで、毎月の分割払い金額分かそれ以上を通信料金から割引くのが、「実質0円」です。

そうではなく、本当に本体代金は契約時に一括で割引き、無料でもらえるのが、「一括0円」です。何が異なるかと言うと、「割賦」が残るかが異なります。割賦とは、ローンのことです。

借金ですね。よく「借金嫌いだから、クレジットカードも作らない」という方がいますが、実質0円とか、携帯本体代金を分割で払ってる場合は、借金をしている状態になります。ブラックリストという言葉は聞いたことがあると思います。

ブラックリストとは……と、話が広がり過ぎるので戻します。スマホと借金の話は別の所にまとめてありますので、実質0円に戻ります。実質0円は携帯会社に借金して使っている状態になりますので、もし途中で支払いが止まると、契約者本人がブラックリストに入ってしまうのと、その携帯、スマホ本体が「赤ロム」になってしまいます。赤ロムになると、SIMを使った通信もできなくなりますし、転売時の価値も大幅に下落します。

ただ、問題なく2年間使い続ければ文字通り実質0円で本体を手に入れられたということです。しかし、実質0円の機種は2年間は機種変やMNP、解約をしてしまうと、毎月の割引がなくなるため実質0円ではなくなってしまいます。

一括0円は契約したその日に0円で手に入れられたということです。途中解約しても、端末代で損をすることはありません。しかし、最近一括0円なのに、短期解約(1年以内)時に高額な違約金が発生する契約もありますので、注意が必要です。

キャリアとマイネオの通信料金価格差は2年で16万以上になりますので、6、7万のスマホ代が0円になるといっても、キャリアに高い料金を払い続ける必要がありますので、1日でも早くマイネオにしたほうが料金が格段に安くなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です