UQMobileのCMの深田恭子、多部未華子、永野芽郁、ガチャピンとムックについて

最近、テレビCMでよく観る3姉妹とガチャピン、ムックの格安SIM業者の「UQMobile」ですが、とても勢いがあるせいかゴールデンタイムにバンバン流れていますよね。

そんなに「UQMobile」がいいのか?と調べる人が増えそうですが、女優さんも豪華で「深田恭子」「多部木華子」「永野芽郁」が出演している。

ピンクガチャピンママとブルームックパパもなかなかのシチュエーションです。

UQMobileはそれほどお得?

UQMobileがお得というよりも今までのキャリアスマホが高すぎたといった方が正解だと思う。

どんだけ安く見積もっても1カ月1人6000円はかかる。それを半額にしてしまおう!というのが「格安スマホ」の特徴だ。

UQMobileのデメリット

では気になるのが、安く抑えた分のデメリットが気になる…

このメリット、デメリットの争点は使う人によって別れるが正解。

あまりスマホは使わず時間潰しにネットニュースや調べものぐらいで、電話も1日5分も使わない…

そんな方は、UQMobileに乗り換えた方がダンゼンお得だ!

逆にユーチューブなどの動画などを外でよく観たり、ハイエンドモデルの端末が使いたい!

そんな方は、キャリアスマホの方が分配が上がる。ただWi-Fi環境がいろいろと整ってきているのでどちらかというとUQMobileのような格安スマホの方が有利かもしれない。

UQMobileの気になる電波状況はぶっちゃけどうなの?

それと気になるのが電波状況はどうなのか?という点。これは、格安スマホ全体に言えることで、格安SIM業者はdocomoとauの回線を借りて行うことになっている。

それなら電波は良いはず…と思われがちだが、実は格安SIM業者の電波はたくさんの人に使われると電波が薄まって繋がりにくくなるというデメリットがある。

記憶がまだ新しい「東北地震」を思い出してほしい…ユーザーが一斉に電波を使うといくら強度の電波信号でもダウンしてしまうのだ。

それが格安SIM業者の場合、借りている電波が小規模な場合が多いので、たくさんの人が使い出すと電波が悪くなる。

これが格安スマホの全体的なデメリットである。なのでその辺を踏まえて携帯電話を使い分けていくのがいいであろう。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です