格安スマホならガラケーにだって負けない安さ

スマホに比べるとガラケーの方が割安なイメージがあるだろう。

しかし、下記のように比較してみると、実際はっか盂安スマホの方が安く利用できる。

プランにもよるが、その差は約3,000円と以外にも大きい。

ガラケー派だった人もこの機会に格安スマホに乗り換え、毎月の支払いを節約してみてはいかがだろうか?

キャリアスマホ京セラ GRATINA

防水・防塵機能を備えた携帯電話(ガラケー)。

シンプルながらスタイリッシュなデザインで、カラーバリエーションも豊富。

ポピュラーな機種だ。

GRATINAをauで利用し端末代を支払っている場合

基本プラン 3,700円
インターネット接続料 300円
割引 1,500円割引※「誰でも割」適用時
データ定額サービス 3,500円

毎月約6,000円(端末代抜き)

キャリアスマホよりは少し安いが・・・

格安スマホASUS ZenFone Go

人気のZenFoneシリーズのエントリーモデル。

高い操作性に加え、低価格ながら画面が大きく、バッテリー容量もしっかり確保しているのが特徴。

片手でも操作しやすい「片手モード」や、初心者向けの「簡単モード」といったさまざまな操作モードを利用できるなど、使いやすさを追求した仕様になっている。

スマホ初心者にも安心しておすすめできる端末だ。

ZenFone GoをII Jmioの3GBミニマムスタートプランで利用した場合

音声通話基本料 1,600円
通話料 600円※通話定額オプションを利用した場合
端末代 850円/月x24回(合計20,400円)
端末補償オプション 380円※加入してなくてもよいが、あると安心

毎月約3,430円~

なんとガラケーの半額程度で利用可能!

安いイメージのガラケーよりもさらに安くスマホがもてるんだね!