格安スマホはこんなに安価なのに欲しい機能がたくさん

近年では格安スマホも高スペック化

格安スマホに乗り換えたいけど、キャリアスマホに比べると性能が劣るのではないか、と不安に思う人も多いだろう。

しかし、近年では格安スマホも高スペック化してきており、キャリアスマホと比べて遜色ない性能を誇る格安スマホも増えてきている。

たとえば、言わずと知れた国内メーカー富士通から発売されている格安スマホ「arrows M03」は格安スマホでありながら防水・防塵機能を備え、ワンセグやおサイフケータイにも対応している。

CPUや内臓メモリ、ストレージやカメラはキャリアスマホには劣るが日常的な使用には十分なスペックだ。

独自の省電力設計でバッテリーの持ちもいい。

このように、格安スマホは全体的なスペックではキャリアスマホにやや劣るものの、さまざまな機能や高い操作性を備えたものも少なくない。

自分が重視する機能が充実した格安スマホを選べば、購入してから公開することもないだろう。

キャリアスマホSONY Xperia XZ(SO-01J)

本体価格 75,600円
2016年11月に発売されたAndroidの最新機種。すべてのスペックが高水準だが、端末価格が高く、キャリアの割引サービスを利用してい分割購入しないと手が届きづらい。

キャリアスマホSO-01Jのスペック

OS Android6.0
CPU 2.2GHz+1.6GHzクアッドコア
画面 5.2インチフルHD
内臓メモリ 3GB・32GB
カメラ 2,300万画素
バッテリー 2900mAh
外部ストレージ microSD・microSDHC・microSDXC
ワンセグ・フルセグ 対応・対応
おサイフケータイ 対応
防水・防塵 対応

格安スマホ 富士通 arrows M03

本体価格約41,904円

富士通の国産格安スマホ。キャリアスマホに劣らないさまざまな機能を備えり一方、端末代はキャリアスマホに比べて割安で、購入しやすい。

格安スマホ arrows M03スペック

OS Android6.0
CPU 1.2GHzクアッドコア
画面 5.0インチHD
内臓メモリ・ストレージ 2GB/16GB
カメラ 1,310万画素
バッテリー 2,580mAh
外部ストレージ microSD・microSDHC・microSDXC
ワンセグ・フルセグ 対応・対応
おサイフケータイ 対応
防水・防塵 対応

格安スマホでも使いたかったあの機能がバッチ使える

CPUの性能や内臓メモリの数値が低いため、格安スマホの方が動作が思いが、ワンセグやおサイフケータイなどの国内向け機能や防水・防塵機能など、旧来の格安スマホにはなかった機能が充実している。

価格の差を考慮すれば十分すぎるほどのスペックだ。