【格安スマホ】通信速度はどうなの?気になるデータ通信のギモン

 

利用エリアは狭くない?LTEはダメなんでしょ?

 

いいえ、全国で利用できてLTEにも対応する!

 

格安SIMを取り扱う事業者は、光回線などでおなじみのプロバイダーや、量販店や小売店などさまざま。疑うわけではないが、やはり大手キャリアのSIMと比べると格安SIMは「ちゃんと全国で使えるのかな」と不安に感じるかもしれない。

 

だがその心配はまったく無用だ。どの事業者の格安SIMでも利用しているのはドコモまたはauの回線なので、そのエリア内ならば格安SIMでもれなく利用できる。まずはキャリアのウェブサイトで利用エリアを確認しよう。

 

LTE回線が使えるので高速データ通信が可能

 

格安SIMは利用料金が安いし、回線もよそからの借り物だから、LTE対応といっても実は遅いのでは?と思う人もいるのだろう。

 

格安SIMはほぼすべての製品で高速データ通信が可能で、もちろん150Mbpsの高速LTE契約にあえてせず、3G回線で契約してさらに安く運用することも可能だが、その場合の速度は最大でも14Mbps程度にとどまる。

 

格安SIMだと通信速度がものすごく遅くなると聞いたが?

 

契約したプランによって速度制限が異なる

 

LTE通信にも対応する格安SIMだが、高速通信できるデータ転送容量は無制限ではない。”1ヶ月あたり1GB”や”1日あたり50MB”というように、各社ぷrんによって期間も容量もさまざま。

 

共通しているのは、制限容量を超えてしまうとガクッと速度制限がされるという点。元から高速通信が使えない超格安プランもある。

 

 

通信速度が落ちてしまったらいつスピードは回復するの?

 

回復するタイミングもプラン次第

 

データ転送容量をオーバーすると著しく通信速度が制限されてしまう。だが速度制限が発生しても解除する方法はしっかり用意されている。

 

月単位で通信可能なデータ量を超えたときは、新たにデータ通信容量を購入できるプランが多い。1日単位の短期間制限プランは、翌日午前0時になると回復する。しばらくは低速でガマンしよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です